パイザカジノでディーラー相手に勝ち逃げする!

前回に引き続きパイザカジノで遊んでみました。

プレイテックのルーレットへ移動すると、ディーラーが笑顔で出迎えてくれたので私の顔が赤くなりました。笑顔の主が美人だったのがその理由です。雑念を払いながら下に映し出された0から36の数字を見た所、面白いプレイ方法が頭に浮かんできました。
私は赤と黒のどちらかに最低単位のみで賭け、球が落ちた場所の数字をメモ帳に記入していきました。勝敗の結果はリスクが低いプレイ方法なので、五分五分といった感じです。30分が過ぎた時にメモ帳を見ると、40回プレイしているにも関わらず数字の0に球が1度も落ちていないことが分かりました。絶好の好機と見たので、0に多めのコインを賭けてみました。ディーラーは、私の今迄の慎重な姿勢が好戦的な姿に変化したので驚いたみたいです。ただ、軽く頭を振るとすぐに冷静さを取り戻したので感心しました。
球は3連続で外れたので背筋に冷や汗が流れましたが、4回目に狙い通り0へと落ちてくれました。この時は嬉しくて仕方がなかったせいか、万歳三唱したりやったと大声を出したりして喜びを表現してしまいました。ディーラーは私に報酬を渡した後、容器の中の球を掴み損ねていたので、驚きのあまりすぐには冷静な行動ができなかったようです。
報酬の額が大き過ぎたので、プレイをするのを止めておきました。退散する時はディーラーが勝ち逃げしないでと言っていた気がします。

中華系な画像がかっこよく見えたので、スロットの108HEROESを始めました。最初はKか女性の役しか出なかったですが、スピンしているうちに男性の役も揃うようになってきました。報酬は少なめでも、賭けているBET数より上回っていたので有り難かったです。あと、何度か遊んでいるうちに、108の役がWILDの代わりになることが分かりました。この役は機械の仕様で3つ出すのは無理でしたが、2つまでなら出てくれるみたいです。なので、108が止まるように狙ってみました。
目押しを試した結果、一番左のリール以外は出すことが無理だと判明しました。1つずつ止めようとしても、リールが勝手に動いてしまうからです。スロットの攻略方法につながらなかったので、がっかりしました。
正攻法で10分ほど挑んでみましたが、配当表に表示されていたBIGボーナスやフリースピンモードに移行することはなかったです。損をするだけと悟ったので画面を閉じました。

ライブカジノのバカラは、メモ帳に勝敗を残していくというやり方がここまで上手くいくとは思わなかったです。ディーラーの表情が変化していく姿は、思い出す度に笑いが込み上げてきます。このやり方は今後も使えるので、次にバカラをプレイする際にも利用させてもらいます。
ルーレットで大儲けできたのもメモ帳のおかげです。プレイデータを逐一書いていくのは面倒ですが、後で内容を見ることで意外な結果をもたらしてくれるため便利です。
108HEROESの攻略方法は見つけることができませんでした。正攻法でも各種ボーナスや大当たりなどが発生しなかったので悔しかったです。

kachidoki16