ベラジョンカジノ「Jammin Jars」を攻略!

ベラジョンカジノを利用して半年程です。
パチスロと違って、自動停止するカジノのスロットに抵抗がありましたが、やってみると意外とハマリました。
むしろ現在のパチスロより非常に面白く作られており、現在ではお店に行くことはなくなり、オンラインカジノのゲームにのめり込んでしまいました。

特にはまったゲームはPlay’n Go社の「SWEET ALCHEMY」というビデオスロットゲームです。
このゲームは他のスロットゲームと若干違い、5×5のマスに絵柄が落ちてきて、4つ以上くっついたら消えていき、新たな絵柄が落ちてくる落ち物スロットというようなゲームです。
面白い点としては、非常に当たりやすい、絵柄がかわいらしい、ボーナスゲームでの大当たりの仕方が多彩である、といって点です。
ボーナスゲームは3~7ゲームあるのですが、7ゲームまで行かなくても大当たりは期待できますし、割と簡単にボーナスゲームに入るのでストレスなく楽しめます。
ビデオスロットゲーム初心者にオススメのゲームと言えると思います。

また、テーブルゲームも多くありますが、私がよくプレイするのは「BLACK JACK」です。
ルーレットやバカラもプレイしてみたのですが、あまり自分との相性が良くないようでうまくいきませんでした。
そんな中ブラックジャックは非常に相性がよく、勝ちやすいゲームなのではないかと思いました。

ブラックジャックには基本戦略(ベーシックストラテジー)というものがあり、確率論で次の選択を決めるプレイが最も勝つ確率が上がるといわれているのですが、自分なりに検証してみた結果、基本戦略のヒットとダブルの境目のところはリスクが大きく、リスク回避に特化したプレイの方が負けないようにプレイできると思われました。
一つだけ例に出してみると、最初の手札がA,2でディーラーが6の時、基本戦略ではダブルなのですが、負けを減らすようなプレイに徹すると、私の場合はヒットをしてその次以降の選択を選びます。
手役ができるかどうか(17以上が作れるかどうか)はダブルの後の3枚目次第ではありますが、ローカードを引いた場合はAを含むソフトハンドではさらに1枚なり数枚引くことができます。
ダブルで手役ができなかった場合はその後もう引くことができないので、ディーラーがバーストすることを願いのみですが、私のようにヒットの場合ならさらに手役を狙うことができます。
もちろんディーラーの1枚目が6の場合はバーストの確率が高いというのもありますが、負けないことを重点におくのであれば、私のような選択肢があってもいいのではないのでしょうか?

このように、ブラックジャックに限らずオンラインカジノのゲームにおいて、すでに解析されている方法はもちろん、自分に合ったプレイ方法を手軽に試せるという点で、オンラインカジノは非常の楽しめるコンテンツだと思っています。

kachidoki16