ロイヤルベガスカジノとは?

ロイヤルベガスカジノで夢中になって遊んだ時の事を書いていきます。遊び方は頭脳プレイのようなやり方なので、何かの参考になるかもしれないです。

ロイヤルベガスカジノでオンラインカジノ体験

 

Live Blackjack (Ezugi)に入り左上に表示されている結果表を見ると、引き分け数が60回中に3回と少なめでした。赤と青の表示が続いているので、好機と見えたため狙ってみることにしました。最初の5回は失敗に終わりましたが、6回目に予想がぴたりと的中したせいかディーラーが褒めてくれました。当たるまで5回も失敗しているので、儲けは少なめでした。
当分引き分けは来ないと読んだので、BANKERに賭けていきました。ところが、おかしなことにPLAYERが7回連続で出たので、私の予想は悉く外れました。奇妙な現象でしたが、当たりが傾いていると判断したためPLAYERに切り替えました。すると、更に8回も当たりが続いてくれたので面白かったです。ディーラーの方を見てみると15回連続で片方の当たりが出続けるのは想定外だったらしく、目を大きくさせながら驚いていました。普段はこういうことはあり得ないので、妙な記録を出してしまったような気分でした。
16回目はないと読んだので、今度は反対の方に賭けていくと2回連続で当たってくれたので嬉しかったです。その後、確率的にそろそろと思ったので、引き分けを狙ってみました。この時は勝負所と読んだので、やや多めにコインを賭けています。真剣な眼差しで画面を見ましたが、3回連続で外れてしまったので悔しかったせいか目に涙が溜まりました。そして祈るような気持ちで挑んだ4回目、待望の引き分けが出てくれたので握り拳を作りながらガッツポーズをしました。今回担当となったディーラーは愛想がいい人みたいで、笑顔を見せてくれたため気分が良かったです。
またBANKER賭けをしたのですが、不思議な事に3連続で引き分けが出ました。イカサマをしている気がしたのでディーラーを見ましたが、唖然とした表情だったためただの偶然のようです。なので、賭ける位置をそのままにしてプレイを続行しました。
この後は当たったり外れたりの繰り返しが続きました。先程までの確率をあざ笑うような展開は息を潜め、普通なバカラの状態になったみたいです。読みやすい状態だったので、引き分けを3回ほど当てることができました。
止める前に手持ち資金を見てみた所、開始前よりも少しだけ増えている程度でした。神経戦の戦果としては少なめでしたが、面白い時間を過ごせたので結果オーライです。

kachidoki16