オンラインスロット嵐山に登録しよう!

↓登録はこちらから↓

↑嵐山の登録はこちら↑

嵐山で新規登録してボーナス3000円分ゲット!

私はオンラインスロットのサイトにはいくつか登録していますがその一つに嵐山というサイトを登録していまして、よくプレイしています。嵐山は、イベント内容がわかりやすくて、それに加えて、設定もよく入っていることがあり、登録しているサイトの中でも相性は結構良いので、好きなサイトです。
今回はわたしがオンラインスロットで、立ち回っている方法について紹介していこうと思います。
私は、今ではオンラインスロットで遊ぶことが多くなったのですが、以前は、パチスロが好きで、暇さえあればホールへ行って、パチスロを打っていましたが、オンラインスロットの方が、勝てる確率の高いいわゆる高設定と呼ばれる台をプレイできる可能性がはるかに高いですし、収支も、オンラインスロットの方が良いですので、オンラインスロットを好んでプレイするようになりました。
そこでの私の立ち回りは、新しい機種であるとか、人気な機種をとにかく狙うようにしています。これはパチスロでも同じことが言えるのですが、新しい機種というのは、やはり、これから活躍してもらうために、しっかりと設定を入れて、この台は面白いというところをお客さん側にアピールする必要があると思います。オンラインスロットでも同じことが言えると思います。なぜならば、オンラインスロットサイトも一つではありませんし、ほかのオンラインスロットのサイトとの競争という面では、自分のサイトにお客さんが少しでも多く登録してもらうように、特に、このサイトでは設定がよく入るという印象はアピールポイントとしてはすごく強くなります。実際のパチンコ店においても、やはりよく出ているお店にはお客さんは集まります。逆に出ていないお店にはお客さんは居なくなってしまいます。そのアピールの場になるのが、新台入れ替えの日ということになります。そういった観点から見ても、やはり、オンラインスロットでも、新しい台であるとか、定番の機種になるべく設定をいれて、お客さんを離さないようにしているのではないかなと思いますので、私は積極的に人気がある機種を勉強して、プレイするようにしています。
その中で、嵐山でよく打っている機種はFIRE FIREという機種です。この機種は、初代のものも人気があったようではありますが、私は2代目の、FIRE FIRE〜強〜という機種でよく遊んでいます。
この機種は、FIREランプが光ればボーナスが確定するというものすごくシンプルで、わかりやすいゲーム性になっています。パチスロが好きな方ならわかると思いますが、ジャグラーシリーズのオンラインスロット版といったような機種になっています。基本的に目押しなどの技術もいりませんので、私は高設定だと確信が持てる場合にはオートプレイにしていまして、しばらく放置したりしています。もちろんこの台はひたすらファイヤーランプが光るのを待っているということになりますが、前作に比べて、リール制御の技術がアップしたということもあり、リーチ目を拝めるということが可能であると言うことでしたので、私は、パチスロのAタイプを打っている時も、普段あまり狙ったりせずに、適当に打っていることが多く、たまにとまる、1リール確定目や、リーチを見たりした時の、興奮がすごくたまりません。実際パチスロをやっている人なら分かると思いますが、リーチ目が出た場合、ジャグラーであれば、ボタンを話せば光るということがわかっている状態になります。ハナハナシリーズであれば、次ゲームに、花が光るということがわかっている状態になり、この興奮と嬉しさは、たまらないものがあります。それをこの機種は味わえることが出来ますので、高設定に自信が持てない状態の時は、自分でプレイしながら、この興奮を味わうことにしています。特に左リールに、7.ベル7の目が出た時には、スマートフォンの画面を見ながら興奮してニヤニヤしてしまいます。そのほかにも、リプレイ、ベル、リプレイの目が左リールにとまり、リプレイが成立しなかった場合などもリーチ目という形になりまして、ボーナスが確定しているという状態になっていることを表します。ですので、このような目が急に出たりすのがたまらなく快感で、プレイしているというところもありますが、この機種も、人気がありますので、比較的設定としては、状況が良いのではないかと思っています。またチェリーが成立した時も、ボーナスに期待が持てるということで、熱くなれるポイントになります。このあたりは、ジャグラーシリーズでもお馴染みの事ですので、チェリーが出た時も、当たれっと祈りながらプレイしています。
このように、人気機種には、割と設定が入るという事でこの機種をよく打ちますが、実際収支も安定しています。ですので、高設定の台に結果的にはたどりつけているのではないかなとは思いますので、これからもこのように立ち回って行きたいなと思います。

↓登録はこちらから↓

↑嵐山の登録はこちら↑

kachidoki16