嵐山のスロットで稼ぐことは難しい?

↓登録はこちらから↓

↑嵐山の登録はこちら↑

嵐山とは

これまでに何度か「オンラインスロット」をプレイしたことがあったのですが、そのすべてで最終的には景品交換を行うことはできませんでした。今回利用した「嵐山」でも無料で景品交換を行うことはできませんでしたが、これまでにプレイしてきたいくつかのサービスと比べても非常に良い印象を受けました。

「嵐山」の特徴というべきかどうかはわかりませんが、個人的な印象は「ほかのオンラインスロットとあまり変わらない」というものです。私は実際にパチンコホールに行ってパチンコやパチスロを遊技します。2018年現在でキャリアは15年近くになりますが、その感覚と比べると「あくまでもゲーム」という認識しか持つことができませんでした。過去に利用したオンラインスロットもすべて同じような印象でしたが、そもそもそれらを利用することになったきっかけというのが「ただでお金を稼ぐことができるかもしれない」というどうしようもないものでした。

 

 

嵐山は課金が必要

オンラインスロット嵐山では、課金しない人に対してゲームに一定の制限が入ります。
具体的に言うと、景品交換のために必要なゴールドが一定量までしか貯められなくなっています。
というわけで、無課金の人は稼ぐことは絶対にできないわけです。

嵐山は景品交換までの道のりは長い

嵐山では、景品交換のために少なくとも3300Gのゲーム内通貨をため込む必要があります。
最初に入金するまでに貯められる金額は3000G。
残り300Gを手にしない限りは、どんなに頑張っても景品交換なんてできません。

嵐山はイベント日以外は設定はシビア

嵐山を含むオンラインスロットは、日本国内の法律に基づいて運営されていますので、パチンコと同じように出玉調整のような事を行っています。
実際に出るコインの数量はある時間、もしくは一定量を超えると急激に変化が生まれます。
長く続ければ続けるほど、ギャンブルは負ける確率が上がりますので、短期勝負が原則になります。

当然のことながら簡単に勝てるわけではなく、仮にある程度の出玉を獲得することができても交換するまでは出せずに終わってしまうことが大半だったのですが、「嵐山」に関してはしっかりと交換できる程度の出玉を獲得することができました。特に決まった機種で遊んでいたというわけではなくさまざまなものをプレイしましたが、特に個人的なお気に入りは『龍中華飯店』という機種です。ほとんど同じようなもの(まったく同じなのかもしれません)がほかのサービスにもあったのですが、初めてプレイしたゲームがこれだったからなのかもしれませんが非常に気にいっています。「何が面白いのか」と聞かれても具体的に答えることはできないのですが,強いて言うのであれば「ゲーム性」です。

このゲームの詳しい仕組みは割愛しますが、いうなれば「集中役」に近い感じです。これは実際にパチスロを遊技したことがある人ならば馴染みのある機能といって良いでしょうが、これによって出玉を増やしていく台(機種)です。集中とは、その昔に一世を風靡した『アラジン』などに搭載してあった機能で、一撃で5,000枚クラスの出玉を吐き出すことができたものです。中には数万枚ものメダルを吐き出すことがあったため、当時はこれを引くことを目指して多くの人がパチスロを遊技していました。実は私個人は現役で経験した世代ではないのですが、それでもなお伝説的な機種として語り継がれているので知っていました。そして、「嵐山」でプレイした機種がこの機能に近いものを搭載してあると説明に書いてあったので選びました。

 

↓登録はこちらから↓

↑嵐山の登録はこちら↑

kachidoki16