プロとしてカジノで稼ぎ続けるには

私は基本的に仕事でラスベガスをはじめ香港のマカオや世界中のカジノでプレーをしていますが、今は日本人のプロのプレーヤーが多いのが目につきます。

私自身もプロですが基本的に違法な事はしないので何処のカジノでもプレーを楽しむ事が出来ますが、例えばカウンティング等を行えば出入り禁止を命じられます。

ラスベガスのカジノで遊ぶなら1番安心なのがブラックジャックなのですが、ここが不思議なもので普通お客に権利があるような事でも、ラスベガスではディラーに権限が有ったりしますので、言われたことは素直に従う事が大事だと思います。

先ほども記載しましたカウンティングと言うのはブラックジャックをしていて絵札とAの出た枚数を数えるという裏ワザです。
1回のブラックジャックに使われるトランプの数は4デッキと決められていますからそのデッキの後半に多く絵札やAが残っている場合には大きくお金をかけるというやり方です。

しかし最初のうちに小さく張っていた人が、採集に近くなると大きく張るからバレてしまいます。
このやり方をしたらディラーの権限で出入り禁止をかけられてしまいます。それを何箇所かでバレてしまうとラスベガス事態に出入りが禁止されると言う事も有ります。

私はそんな中1番勝負に出ているのはポーカーです。
これは神経の潰し合い的な感じがするかも知れませんが有る程度コツを知っているとほぼ負ける事はありません。

簡単な事から書くと、まずは相手の衣装を見ましょう。以下にもお金を持って居ますと言う人はベガスで遊ぶ事しか考えていないで大金を落としていく人です。女連れの方もこの系統の人が多いと思って間違いありません。
逆に怖いのはジャージなどカジュアルな格好で40代まで行かない若い人でアジア系の人が入ってきたら、私はテーブルから退く事が多いです。これは簡単でこの人たちがプロの可能性が高いからです。

プロはプロ相手にゲームをしません。明らかに勝てるという確信が無いと仕事はしないと言う事です。
そして相手に選ぶのはアメリカ人のお年寄りとかは解りやすくてやりやすいです。基本的に頑固な性格を持って居るおじいさんが一気に金額を多く張ってきたらすぐに降りる、これはそれだけ頑固なおじいさんが一気に張るだけ自信がある手札を持って居るからです。

この様な場合はすぐに降りるその積み重ねだけで私は世界中のカジノで楽しくお金を稼いでいます。
しかし今回はカジノの事ですから私が行った中でも比較的良心的なカジノを紹介します。ベネチアンリゾートホテルのカジノはとても綺麗なカジノでホテルがそこまで儲けを考えていませんのでとても楽しめます。またショーなども頻繁に行われており大物歌手が歌を歌ったりもしているのでそれだけでも十分楽しむ事が出来ると思います。

kachidoki16